ワキガの臭いは衣類から出てくる?

ワキガの臭いは衣類から!?

 

 

ワキガの臭いはどこから発せられると言われているのでしょうか。

 

・肌

 

もちろん肌からは、ワキガの臭いが発せられると見られています。
「アポクリン腺」から流れてきた汗が肌に付き、そのまましばらく経つと、雑菌がその汗を食べて繁殖して悪臭を発生させると言われています。
つまりは「汗自体から悪臭がする」というよりは、「汗を好む雑菌が臭い」という表現が近いと言われているんですよね。

 

ですから、「ワキガだし汗をかかないようにしよう!」と考えるのは、あまり意味がない事だと思います。
どちらかと言えば「汗をかいてからどうするか」考えた方が良いと言われています。

 

それに、汗をかかなければかかないで、健康に悪いとも言われていますよね。

 

 

衣類から臭いが出てくる仕組みとは?

 

 

そして、ワキガの臭いを発しているのは肌だけではありません。

 

・衣類

 

肌で発生し得ることとほぼ同様の現象が衣類においても起きると言われています。
つまり「脇汗をかく→衣類に付着する→時間が経つ→雑菌が繁殖する→臭くなる」という感じですね。

 

衣類についてはもちろんですが、普段家で使っている手拭きタオルやバスタオルも、同じものを長時間使っていると菌が繁殖して臭くなってしまう場合があります。
ですから、それらもきちんと取り替えるようにしましょう。
手拭きタオルに関してはさすがに毎日替える必要はないと思いますが、バスタオルは出来るだけ毎日チェンジするようにしたいものです。

 

ちなみに、アポクリン腺の影響ではほとんどなく、皮脂腺の影響によるところが大きいですが「枕」についても気を付けたいものです。
具体的には、定期的に枕カバーを取り替えるなどのするようにしましょう。

 

 

衣類のワキガ対策があることを知っていますか?

 

 

さて、ワキガ対策というとどうしても「肌」に対して行うものという印象があるかもしれませんが、実は衣類に対して行えるワキガ対策も存在します。
その代表的なものは「イオンクリア」です。
イオンクリアとはどんなアイテムなのでしょうか。

 

・除菌効果が望める

 

イオンクリアには除菌効果があると見られています。
ですから洗濯後の衣類に吹き掛けると、残った菌もやっつけて、臭いを防止してくれると言われています。

 

・除菌力が続くと言われている

 

イオンクリアは、吹き掛けてからもしばらくの間除菌力が続くと言われています。
例えば「朝服に吹き掛けて、出社して帰宅するまで」くらいであれば、難なく除菌力が継続すると見られています。

 

つまり、アポクリン腺から汗をかいて、服に付着しても菌の発生を大幅に抑えてくれることが期待できるという事です。
そうなれば、もちろん臭いの発生のブロックも期待できますよね。

 

 

「除菌力がある」だけでなく「除菌力が続く」のが、イオンクリアならではの魅力です。
これまで、「肌」に対して行うワキガ対策をしてもなかなか満足できなかったという方は、是非イオンクリアを使って「衣類」に対してワキガ対策を行ってみて下さい。

 

ちなみに、肌自体への影響がほとんどないため安全性も高いと言われています。