子供のワキガはここに注意!

子供だってワキガになる

 

 

まさか「子供のうちは体臭が強くなるようなことはない」などと考えているような親御さんはいないと思います。
ただ「子供のうちからワキガになることはない」と考えている方はもしかしたらいるのではないでしょうか。
もちろん実際にはそんなことはなく、子供でもワキガになる可能性はあります。
特に思春期を迎えた辺りからは、ワキガの要因になると見られているアポクリン汗腺も発達してきますので、ワキガになる子供の割合も多くなると言われています。

 

ちなみに、ワキガは遺伝性のものです。
そして、父親か母親のどちらかがワキガなのであれば約5割。
父親も母親もワキガなのであれば約8割のパーセンテージで子供もワキガになると言われています。

 

ですから、ご自身か配偶者がワキガなのであれば、特に子供のワキガについても留意してあげる必要があると言えるでしょう。

 

 

子供のワキガは心のケアも重要

 

 

そして、特に子供のワキガに関しては心のケアも重要になってきます。
仮にお子さん自身が「自分はワキガかも」という自覚があったとしても、羞恥心が強くなってしまって、両親にさえ言い出せないという場合もあります。
それから、お子さんによっては「ワキガだなんて言ったらお父さんやお母さんを傷つけるかも」というような事まで考えてしまう可能性もあるでしょう。

 

ですから、親側が気を付けてあげる必要があるのです。
服の臭いをチェックしたり、さりげなくお子さんの身体の臭いを直接嗅いだりして、ワキガかどうかを気に掛けてあげるようにしてください。

 

そしてワキガの疑いがあるのであったとしても「あんた、ワキガだから何か手を打とうか」なんて、デリカシーのない言い方をしてはいけません。
さすがに、ワキガだということそのものを隠しておくのは難しいかもしれませんが、とにかく言い方については気を付けるようにしましょう。
ご両親のどちらかもワキガなのであれば、「一緒に気を付けていこうか」なんて言い方が良いかもしれませんね。

 

ご自身のお子さんの性格をきちんと考慮しつつ、出来る限り傷付けない伝え方を考えるようにしましょう。

 

 

お肌に優しい対策をしてあげましょう

 

 

そして、お子さんのワキガ対策では「肌への優しさ」を重視するようにしましょう。
子供の肌は大人よりも弱いからです。
もちろん大人のワキガ対策であっても、肌に優しいに越したことはありませんが。

 

具体的には「皮膚」ではなく「服」に働きかけるようなワキガ対策が良いと思います。
例えば「イオンクリア」などの、服にスプレーするタイプの防臭商品などを使うというのが有効だと言われています。

 

 

イオンクリアについて掘り下げますが、イオンクリアにはまず除菌力があります。
ですから、服にスプレーすることで悪臭の要因菌を退治する事ができると言われています。

 

そして、イオンクリアならではの魅力として「除菌力が長時間キープされる」というものがあります。
お子さんが学校に行く前に服にイオンクリアをスプレーしておけば、お家に帰ってくるくらいまでなら余裕で除菌力が続くと見られています。

 

言ってみれば「防臭服(のようなもの)を作ることが期待できる」というわけですね。
これだったら、もしかしたらお子さんにはワキガの事を黙ったままワキガ対策をする事もできるかもしれませんね。